雨樋とは何?メリット・デメリットや不具合を防ぐメンテナンス方法

お役立ちコラム

column

雨樋とは何?メリット・デメリットや不具合を防ぐメンテナンス方法

雨から住宅を守る役割をもつのが「雨樋」です。
雨樋が設置されていることで、雨漏りを防止することもできます。
雨樋の寿命は約20年といわれているため、古くなったら取り替えを検討すべきでしょう。

今回は、雨樋の役割やメリット・デメリットについて詳しく解説するとともに、雨樋の不具合や症状、メンテナンス方法などについてもご説明します。

雨樋とは何?メリット・デメリットや不具合を防ぐメンテナンス方法

雨樋とは?どんな役割がある?

雨樋とは、屋根やベランダに流れる雨水を集めて地面に排水する筒状の装置です。
軒樋、止まり、樋受け金具、曲がり、集水器、エルボ、呼び樋、縦樋、合わせ桝など複数の部材で構成されています。

従来は金属や木で作られていましたが、近年はプラスチック(塩ビ)製の雨樋が主流となっています。
雨樋は「あまどい」の他に「とゆ」「とよ」と呼ばれることがあります。

雨樋には重要な役割がある

雨樋は屋根の下や軒下に設置され、屋根やベランダ、屋上の雨水を地面に排水する役割があります。
もし、雨樋がなかったら、雨水は軒先から外壁へ伝わり、建物を汚したり腐食が進んだりするでしょう。

雨樋の主要部材は「軒樋」と「縦樋」の二種類あります。
軒樋とは、屋根の軒先に設置される雨樋のことです。屋根から流れ落ちる雨水を受け止め、集水器に流す役割を持ちます。雨水を流れやすくするため、勾配が付けられています。

縦樋とは、屋根から地面に向かう縦方向に設置された雨樋のことです。建物の外壁に沿って設置され、軒樋から流れてきた雨水を地面や排水溝に流す役割を持ちます。

雨樋を設置するメリット・デメリット

雨樋を設置する最大のメリットは、建物の外壁が汚れたり基礎が傷んだりするのを防げるという点です。
外壁にクラック(ひび割れ)等がある場合、そこから雨漏りが発生する可能性がありますが、雨樋があることでリスクを最小限に抑えることができます。

雨水が地面に滴り落ちることで溝ができ、建物の基礎にダメージが及ぶ恐れもあります。
床下の湿度が高くなることから、シロアリの発生やカビ、苔が生える事例は少なくありません。

また、騒音の原因になったり通行人に雨水が飛び散ったりする可能性もあります。
雨水によるさまざまなトラブルを防ぐためには、雨樋の設置が不可欠です。

雨樋を設置するデメリットを挙げるとするなら、定期的なメンテナンスが必要な点でしょう。
雨樋が破損してしまうと、雨水による建物や基礎へのダメージを防ぐことができないため、交換が必要になります。

「洋風の屋根に雨樋を設置すると美観を損ねるのでは?」と心配される方もいますが、最近の雨樋は建築に合わせて塗装されることが多く、デザインもさまざまです。
雨樋がないことで泥が跳ね、外壁が汚れて水たまりができた状態の方が、よほど美観が悪いといえます。

雨樋の種類

雨樋の種類は「形状」と「素材」で分けることができます。

雨樋の形状別の種類

雨樋は形状別に「半円型(丸型)」「箱型(角型)」「リバーシブル」「特殊型」の四種類に分けられます。

半円型

現在もっとも普及している雨樋です。築20年以上の建物では、大半は半円型が使用されています。
他の種類に比べると価格が安く、カラーバリエーションも豊富です。

箱型

最近の建物に多い雨樋で、半円型よりも強度が高く流水量も多いです。
ゲリラ豪雨などの大雨に備え、片側がせり上がったものもあります。

リバーシブル

片方は半円型、もう片方は箱型になっており、どちらも正面にすることができます。
「見た目は半円型がいいけれど排水量を増やしたい」という時に使用されます。

特殊型

北海道や東北地方など雪の多い地域で使用されます。
雪が滑り落ちる構造になっており、他の雨樋よりも高価です。

雨樋の素材別の種類

雨樋に使用されている素材は、主に以下の五種類です。

硬質塩化ビニール

一般住宅の雨樋に多く使用されている素材です。
安価で組み立ても簡単ですが、紫外線や雨風に弱いのが難点です。

ガルバリウム鋼板

耐久性が高く加工しやすい素材です。
比較的錆に強く、金属の中では価格が安めです。

ステンレス

錆びにくく、継ぎ目がスムーズというメリットがあります。
耐久性が高い分、価格も高額です。

アルミニウム

継ぎ目がないため、接合部からの雨漏りや部材の反りなども起こりにくいです。
流通量が少ないため高価です。

錆びに強い、加工がしやすい、耐久性が高いというメリットがありますが、価格が高額になるため、一般住宅の雨樋にはあまり使用されません。

雨樋の不具合や症状

集水器から水があふれ出している場合、雨樋にゴミが詰まっている可能性があります。
例えば、落ち葉や鳥の巣、土、漆喰、瓦のかけらなどが詰まっていると、雨水の通り道が塞がれ、雨水が正常に流れなくなってしまうのです。
雨樋のゴミを放置しておくと、カビや苔が生えやすくなるため注意が必要です。

経年劣化により、雨樋を支えている金具が緩み、勾配角度がズレてしまうことも原因の一つです。
まれに、施工不良で勾配が上手く付けられていない場合にも水があふれ出すことがあります。

また、台風や大雪、地震などの影響で突発的に破損することも考えられます。
雨樋本体がひび割れることもあれば、継ぎ手が外れてしまうこともあります。
雨樋の破損により近隣の家に迷惑をかけることがあれば、トラブルに発展しかねません。
日ごろからしっかりメンテナンスしておきましょう。

雨樋のメンテナンス方法

雨樋はゴミが詰まりやすいため、最低でも年に一、二回は掃除をするようにしてください。
特に、敷地内に木がある、あるいは近隣に公園や畑、森などがある家では、落ち葉により詰まりを起こしやすいです。

低層部分の雨樋であれば自分で補修することも可能ですが、破損の範囲によっては、ビス止めや釘打ちなど専門的な作業を必要とします。
作業が難しい場合や高層階の修理が必要な場合は、業者に依頼することをおすすめします。

雨樋の性能を保つためにも、5~10年ごとに定期点検を行うと良いです。

まとめ

雨樋は住宅を雨漏りなどから守る大切な装置です。日ごろからメンテナンスを行い、ゴミの詰まりや破損を放置しておかないようにしましょう。

雨樋が壊れた原因によっては、火災保険が適用されることもあります。(風災、雪災、雹災、地震の四つの要因)
雨樋の不具合はデメリットばかりです。
気になる症状を発見した場合は、すぐにプロに修理を依頼しましょう。

壱建の板金のプロによる雨樋修理・交換工事はこちら

関連記事

  • 屋根の雨漏りはどこから?原因や発生しやすい形状と修理費用屋根の雨漏りはどこから?原因や発生しやすい形状と修理費用 大雨だけではなく小雨なのに屋根からの雨漏り! 天気が悪くなると天井からポタポタと落ちてくる水滴にうんざりと感じている人は多いでしょう。 また、天井から水が落ちてこなくても、部屋の湿度が高かったり部分的にカビが生えたりしているのも雨漏りが原因の可能性が高いです。 今 […]
  • 屋根のカバー工法とは?メリット&デメリットを解説屋根のカバー工法とは?メリット&デメリットを解説 住宅の屋根ですが、ある程度の期間が経過すると、汚れやコケなどが目立つようになります。 そこでおすすめなのが、屋根のリフォーム工事として採用されることが多い、カバー工法です。 今回は、そんな屋根のカバー工法のメリットやデメリット、費用などについて詳しくお話ししていきます。 […]
  • サッシの雨漏りの原因とは?修理方法や修理の費用相場も解説サッシの雨漏りの原因とは?修理方法や修理の費用相場も解説 サッシの雨漏りは、カビやシロアリなどの発生につながる可能性もあり、非常に厄介です。 この記事では、サッシの雨漏りの原因、雨漏りの際の応急処置、修理方法、修理の費用相場などについて解説します。 サッシの雨漏りの原因 サッシの雨漏りの原因には、以下のように様々なものが […]
  • 屋根の修理はいつすべき?修理の手順や費用の目安は?屋根の修理はいつすべき?修理の手順や費用の目安は? 住宅の中でも直接見ることが少ない部分が屋根です。 状態の確認ができないだけに、修理のタイミングが分かりにくいですよね。 そこで屋根の修理のタイミングを始め、修理の手順や費用の目安について解説します。 屋根を修理すべきタイミング 雨漏りなどの不具合がない限り、屋根 […]
  • トイレのウォシュレットを交換するポイントは?自分でもできる?トイレのウォシュレットを交換するポイントは?自分でもできる? ウォシュレットのトイレは、とても便利ですよね。 生活になくてはならないアイテムと言ってもいいかもしれません。 中には「まだ家のトイレにウォシュレットがなく、設置したい」という人もいるでしょう。また、ウォシュレットの調子が悪い、壊れてしまったなどの理由で、修理や交換をしなくて […]
  • 暮らしを快適にする色彩の効果〈部屋の模様替え〉暮らしを快適にする色彩の効果〈部屋の模様替え〉 色彩にはパワーがあり心や気持ちに大きく影響しています。配色を上手く利用し、インテリアに取り入れてみましょう。   赤 決断力を高め活力を与え勝負ごとに強くなります。北向きの部屋に赤を取り込むと寒さも和らぎます。 ソファー赤×テー […]

現地見積無料!!

04-7151-0020営業時間|9:00~18:00※営業電話はお断り致します。